プロペシアジェネリック

プロペシアジェネリック/育毛効果は高く値段は安い


確実に育毛効果が欲しい人は、プロペシアがおすすすです。プロペシアは男性ホルモンに働きかけて育毛サイクルを正常にする事で太く長い髪を作ってくれます。お財布に優しいジェネリックなどもあります。

プロペシアジェネリックのご紹介

 

いろんな育毛剤がありますが、実際に効果のある育毛剤はすでに分かっていることを知っていますか?
それは育毛サロンや、皮膚科で使用している育毛剤です。

 

市販で発売されている育毛剤をいくら使用しても育毛は期待できませんが、医者が使用している育毛剤でしたら期待ができます。
その成分が2種類あってプロペシアとミノキシジルの2点になります。

 

この2つの成分が今育毛効果が間違いなくある育毛剤になります。
いろんな育毛剤が、育毛効果があると宣伝していますが、実際は育毛効果は期待できません。

 

上記の2つの成分が唯一育毛効果が期待できる成分になります。

 

プロペシアの成分「フィナステリド」は、5α-還元酵素が作られるのを邪魔して、この酵素によって作られる脱毛の原因となっている男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が作られないようにします。
この作用で脱毛が防止でき、育毛効果もある事が、臨床実験がら明らかになり、多くのAGAで悩んでいる人がこのプロぺシアを使用しました。

 

今では、このプロぺシアのジェネリックが多く発売されており、やはり価格の違いから、プロペシアからプロペシアジェネリックに移行する人が増えてきて、現状では、プロペシアジェネリックも、知名度が出て販売数はプロペシアを上回っています。

 

そんなプロペシアジェネリックのおすすめの人気商品をご紹介いたします。

 

 

 

フィンペシア

 

>>フィンペシア<<
有効成分:Finasteride(フィナステライド)1mg
内容量:100錠
メーカー:Cipla

 

プロペシアのジェネリックで一番人気のフィンペシアです。

 

フィンペシアは有名なAGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品です。インドのジェネリック製薬会社最大手のシプラ社の製品です。成分はフィナステリドで、男性ホルモンの1種DHTが原因で起きる男性の脱毛を予防します。

 

 

 

エフペシア

 

>>エフぺシア<<
有効成分Finasteride(フィナステリド) 5mg
内容量:100錠
メーカー:Cipla

 

エフペシアはAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品です。インドのジェネリック製薬会社最大手のシプラ社が製造しています。成分のフィナステリドは男性型脱毛の原因になるDHTの生成を阻害することで脱毛を予防します。

 

 

 

フィナロ

 

>>フィナロ<<
有効成分:Finasteride(フィナステライド)1mg
内容量:100錠
メーカー:Intas Pharmaceuticals Ltd

 

キノンイエロー不使用で、メーカーが違うタイプです。

 

男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与します。なお、必要に応じて適宜増量できるますが、1日1mgを上限とします。
3ケ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ケ月の連日投与が必要とされています。

 

 

 

プロスカー(Proscar)【1箱28錠】

 

>>プロスカ―<<
有効成分:Finasteride(フィナステリド) 5mg
内容量:28錠
メーカー:Merck Sharp&Dohme

 

プロスカーは、プロペシアと同じメルク社が製薬したAGA(男性型脱毛症)治療薬です。プロスカーは元々AGA治療薬ではなく前立腺肥大症の治療薬として 用いられていますが、成分であるフィナステリドがAGA治療に有効であることが判明し、現在は、男性型脱毛症の治療としても使用されています。

 

チャップアップ(CHAPUP)

 

プロペシアは、処方箋のいる薬ですので、何となく使用するのに迷っている方にお勧めの育毛剤のご紹介です。

 

今まで、いろんな育毛成分の入った育毛剤が沢山ありましたが、実際に効き目のある育毛剤は存在しませんでした。
ですが最近発売されたチャップアップ(CHAPUP)はかなりの育毛効果が期待できるようです。

 

薬ではありませんので、プロペシアに比べると若干育毛効果が劣るかもしれませんが、体にはかなり安全です。

 

50種類の育毛成分配合で、厚生労働省認可の育毛剤です。

 

興味のある方は下記から詳細をご覧ください。↓↓↓

 

育毛剤

 

プロペシアとミノキシジル

 

プロペシアとミノキシジルの併用が、欧米では当たり前になっているほど、この組み合わせは、育毛するには最強の組み合わせとなります。

 

プロペシアは、5α-還元酵素を阻害することで、脱毛の原因になっている男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)を生産させない事で、脱毛と育毛効果があります。

 

一方、ミノキシジルは、血管を拡張することで、頭皮の毛細胞を活性化させて、育毛効果を発揮します。

 

プロペシアとミノキシジルでは、育毛に対するアプローチが違いますので、両社を併用することで、育毛効果はかなり高くなると言われています。

 

ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプがありますが、当サイトでは、体に負担の少ない塗るタイプとの併用をおすすめします。
ミノキシジルも、もちろんジェネリックのお安いお薬をご紹介いたします。

 

ミノキシジルの用量により、いろんな種類があります。

 

フィンペシア【1箱100錠】+ロゲインジェネリック5%【1箱】

★プロペシアのジェネリックとミノキシジルジェネリックのセットです。

 

>>フィンペシア【1箱100錠】+ロゲインジェネリック5%【1箱】<<

 

エフペシア【1箱100錠】+ロゲインジェネリック5%【1箱】

★プロペシアのジェネリックとミノキシジルジェネリックのセットです。

 

>>エフペシア【1箱100錠】+ロゲインジェネリック5%【1箱】<<

 

ミノキシジル5% + フィナステリド外用液(モール・エフ)

★プロペシアのジェネリックとミノキシジルジェネリックのセットです。この商品はプロぺシアが塗り薬に入っています。

 

モールエフ(Morr F)の強み
『ミノキシジル』と『フィナステリド』が1本に!
ミノキシジル=リアップ、ロゲイン、ロゲインジェネリック(ツゲインなど)
フィナステリド=プロペシア、フィンペシア、フィンカーなど
抜け毛防止、発毛の2大成分が配合された画期的な外用薬!

 

★急上昇中!抜け毛防止、発毛の2大成分が配合された画期的な外用薬!
ミノキシジル5% + フィナステリド外用液(モール・エフ)
『育毛・発毛』成分ミノキシジルに、『抜け毛を阻止』するフィナステリド成分が両方配合された育毛の塗り薬がモール・エフです。

 

 

 

頭皮に直接塗るタイプですので、塗る量の調整は簡単に自分でできますから、不安になる事はありません。
ピンポイントで、育毛したい場所に、ミノキシジルを塗ってあげましょう。
どの組み合わせでも今までに経験したことの無い育毛効果を実感できます。

 

プロペシアジェネリックの効果

 

プロペシアは飲む育毛剤として爆発的に売れました。

 

薄毛の原因になる、男性ホルモンを作る元の5α-リダクターゼの製造を阻害して、薄毛の原因を完璧に除去することができる画期的な治療薬と言われています。
もともと前立腺肥大症の薬として販売されていた薬ですので、おしっこの出が悪い方などは、育毛と同時に前立腺の治療もできます。

 

1日に1mgの服用で、だいたい半年ぐらいで効果が見え始め、1年ぐらいが効果のピークと言われています。

 

その後は、プロペシアを服用していれば、その効果を持続することができ、服用をやめると3〜5ヶ月で効果が無くなります。

 

ミノキシジルとの併用で効果アップ

 

やはりプロペシアだけですと、現状維持になってしまう方もいますので、ミノキシジルを併用することで、効果がアップすることがすでに、国内の検査機関でも分かっていますから、併用をすることをお勧めします。

 

どうせ併用するならやなり効果の高いミノキシジル10%で試してみて、かなり効果があるようでしたら様子を見て、5%に変更するなど自分の育毛状態によって上手に調整をしてください。

 

プロペシアの副作用
プロペシアの副作用に、勃起不全などがあります。勃起不全と言われると引いてしまいますが、実際には数パーセントの方がなる程度の確率ですので、あまり気にしなくてもいいと思います。

 

ちなみに、プロペシアと同時にED治療薬を飲んでいいのかと言う質問がありまして、薬剤師に聞いたところ、問題はないようです。

 

一番多く出る副作用が初期脱毛というやつで、服用し始めてから、1か月ぐらい脱毛が増えてきます。驚かれる方もいるでしょうがこれは正常なパターンですので心配の必要はありません。

 

気を付けて頂きたいのは、このプロペシアは妊婦が触れるだけでも体に良くありませんので、錠剤はコーティングしてありますが、間違えて割れてしまってそれを妊婦の人が触れると、皮膚から入り胎児に影響をあたえます。

 

プロペシアの効果を更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

プロペシアが育毛に効く理由

 

プロペシアを使用しますと、髪の毛が増えます。

 

服用した方がかなりの確立で育毛効果を感じる事が分かっています。

 

ですが実際には髪の毛は増えてはいません。と言われますと意味が分からないと思う方が多いと思います。

 

プロペシアには新しく髪の毛を作る作用は全くありません。

 

プロペシアの効果は、ヘアサイクルを正常にする事です。

 

男の人が髪の毛が薄くなったとしても、決して髪の毛が無くなってしまったわけではないのです。

 

実際には、髪の毛が細くなりあまり育たないので、見た目では髪の毛がその部分は無くなったように見えます。

 

ですので、正確に言いますと髪の毛は前と同じ量があるのですが、育毛サイクルのバランスが崩れてしまい細く短い毛に変化してしまっています。

 

育毛サイクル

 

そこにプロペシアを使用する事で、ヘアーサイクルを正常に戻して細く育たなかった髪の毛を太くしっかり育つように変化させる事で、髪の毛が増えたようになります。

 

これがプロペシアが効く理由になります。

 

ですので、毛根から無くなってしまった人はいくらプロぺシアを使用しても全く効果は期待でいません。

 

とは言っても実際にはかなりツルツルの人でも実際は産毛が沢山ある場合がほとんどです。

 

目で見た感じでは何となく毛根も無くなってしまってもうだめかなどと思っている人でも、実際に頭皮を拡大してみますとかなりの量の産毛を見る事ができます。

 

また、プロペシアの効き目には個人差がありとても良く効く人と、効き目の悪い人がいます。

 

あなたがどちらのタイプに入っているのかは実際に約半年は利用してみませんと分かりません。

 

かなり髪の毛が無かった人でも、効き目のいい人になりますと驚くほど髪の毛が元に戻りますので、あきらめずにまずは利用してみて下さい。

 

プロペシアと抗生物質

 

プロペシアは一度服用を始めたら服用を止める事はできません。

 

正確に言いますと、服用をやめると元の状態に戻ってしまいます。元に戻ってもいいから止めたいと言う方は服用を止めても何ら問題はありません。

 

以上の理由でプロペシアは飲み続ける事が育毛の条件になります。

 

飲み続けると言うことはその間にいろんな病気をするでしょうから、他の薬との相性が心配になってきます。

 

特に一緒に飲む事が多いだろう薬に抗生物質があります。

 

抗生物質は、体に入った菌を死滅させてしまい病気を治していきます。抗生物質が悪い菌だけを殺してくれるのならいいのですが体にいい菌も一緒に殺してしまいますので、一時的に免疫力が落ちます。

 

薬の併用

 

ですので、抗生物質を飲んでいる時は免疫力が落ちて他の病気にも掛かりやすい状態である事は把握しときましょう。

 

プロペシアに関しては、男性ホルモンをコントロールするだけの作用ですので、免疫力とは何ら関係がありません。

 

抗生物質と併用しても全く問題はありませんので、安心して下さい。

 

最近では、風邪を引いたなど簡単な病気でも必ず抗生物質が処方される時代ですので、抗生物質の扱いにはとても注意がひつようです。

 

蛇足にありますが、抗生物質を処方さえましたら症状が多少良くなっても全部服用しなければいけません。

 

この事を知らない方が多く、少し治った時点で抗生物質を止めてしまいますので、まだ菌が生きておりその中から抗生物質に耐性のある菌が生まれてしまうことがあります。

 

最近はこの抗生物質の効かない耐性菌が多くなり、問題となっています。

 

プロペシアとの併用の問題が良く分かった人は、実際にプロペシアを見てみましょう!

 

プロペシアの効き目

 

プロペシアは育毛サイクルを正常に戻して太く長い髪に変える力があります。

 

ですが、一旦服用を止めてしまいますとその効果も無くなります。

 

つまりプロペシアを育毛の薬と考えて使用している場合には、一生服用しなければいけません。

 

どこかの時点で、もう禿げでもいいと思った時に服用をやめると言う事もありです。

 

ここまで聞きますと、何か一生飲み続けなければいけないのは何となく抵抗がありように感じます。

 

このように感じてしまうのは、髪の毛が合っても無くても生命に影響がないからです。

 

たとえば血圧の薬などは、そのまま放っておきますと将来成人病のリスクが高くなりますので、誰でも一生飲む事に抵抗はありません。

 

糖尿病の薬も同じです。服用していませんと将来命にかかわってきますので、飲み続けます。

 

薬は結構一生飲み続ける場合があるものがたくさん存在します。

 

そう考えますと、プロペシアを一生飲み続ける事もそれほど抵抗は無くなるのではないでしょうか。

 

実は、プロペシアは前立腺肥大や前立腺がんの予防薬として開発された薬です。

 

男性は50を過ぎますと、ほとんどの人が前立腺肥大になり、おしっこの飛びが悪くなります。

 

プロペシアを服用している事で、この前立腺肥大にも効果があるのです。

 

プロペシアが髪の毛だけでなく、前立腺肥大にも効果がある事を知っていれば、プロペシアを一生服用する事に抵抗のあった方でも次第に違和感は無くなってくると思います。

 

いろんな意味で、プロペシアは男性の見方なのです!

 

プロペシアの服用を検討してみようと思われる方はこちらで詳細をご覧ください。

 

プロペシア初期脱毛

 

プロペシアを服用していますと初期脱毛が起こる人がいます。

 

これはかなり個人差があって、誰もが起こるわけではありません。

 

大きく脱毛する人もいれば、少しの人も全く脱毛の無い人もいます。

 

初期脱毛が多い人は、プロペシアが合ってないのではないかと勘違いして、服用を止めてしまう場合があるようですが、AGAの専門医に聞きますと、ある程度の確率で初期脱毛はプロペシアを服用して効果が出てきた場合に起こるそうです。

 

髪の毛が薄毛になる原因は、男性ホルモンの影響で髪の毛の育毛サイクルが悪くなり、髪の毛が育つ時間が無くなってしまうため、次第に薄くなり始めてしまいます。

 

ですが、プロペシアを服用する事で、生育異常の髪の毛は毛母細胞の活性化により、新しくきちんとした髪の毛が出てくるためにいらない髪の毛を抜いてしまいます。

 

だいたいこのような事が起こるのは、服用してから約1ヶ月ぐらいの場合が多い様です。

 

ですので、最初の1か月ぐらいは脱毛が起きてもそれはプロペシアが効いている証拠でありますので、心配する必要はありません。

 

このことを知らない人は、髪の毛が抜けた状態でプロペシアの服用を止めてしまいますので、その抜けた状態が更にひどくなりかえって薄毛を促進させる事になってしまいます。

 

この初期脱毛は誰にでも起こる事ではありませんが、起こる方がいる事を良く知っている必要があります。

 

事前にそのような知識があれば、初期脱毛が起きても心配する必要はありません。

 

むしろ、プロペシアが効いてきていると喜ぶべき状態なのです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ